a0161023_15143330.jpg


何度「危ない淵」に立ったかしら。
私の心と身体。
それでもなんとかやってこれたのは
神様がいてくれたから。
その神様はいろんな形で現れて私の視線を上に向けてくれました。

だから
ぎりぎりのところでがんばっている
こんな草たちを見ると
「淵」でふんばっていた自分みたいに思えて
写真を撮ってしまいます。

私にとって写真を撮るという行為は愛に他なりません。
そう思います。
[PR]
by kamakurasea | 2010-05-12 15:29 | あなたへ