<   2010年 09月 ( 94 )   > この月の画像一覧

a0161023_21411898.jpg


著者は友人の夫君であります。
前書きにもあるように、昨年夏脳腫瘍を宣告され手術を経て回復。
その折りの心の揺れから生じた思いをユーモアを交えて大胆にまとめてしまうあたり、やはり「書くために生まれて来た人」なのだと思います。

著者17年ぶりの映画時評集。
限りがあるからこそ、観る歓びがある。

「自分の病気のことをあんなふうに書けるようになってくれて安心したのよ」
これは懸命に看病をした我が友人の言葉であります。

「俺は死ぬまで映画を観るぞ」
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-21 21:53 |
a0161023_2120443.jpg


ウインドウディスプレイのリスさん。
どんぐりをそんなに欲張って…。
なんだか、本を抱きしめている私みたい。
もうちょっと力を抜いても大丈夫だよ。
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-21 21:26 |

a0161023_21132733.jpg


a0161023_21133069.jpg



a0161023_21133616.jpg


あふれるような緑の中で
目を閉じて風に尋ねる。

「私の歩いて行く方向はまちがってないですか?」
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-21 21:15 |
a0161023_059536.jpg


この作品の監督、フィリップ・クローデルさんのお話を聞く機会がありました。
「リンさんの小さな子」「灰色の魂」の作者でもある監督のとても丁寧で真剣なトークでした。
作家として自立する前は刑務所の人たちの教育にあたっていたとい経験から生まれた深い眼差しと、主演のクリスティン・スコット・トーマスの余韻ただよう演技がすばらしい映画です。

「ずっとあなたを愛してる」(音が出ます)
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-21 01:09 |
a0161023_0572967.jpg


影絵のような葉っぱでした。
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-21 00:58 |
a0161023_053630.jpg


ベンチで読む本。
かさかさと落葉のBGM。
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-21 00:56 | 街角
a0161023_1581937.jpg


「秋といえば」、
雑誌に「本特集」が激増します。
誘惑に負けないぞ。

と、いいつつ…。


「FRaU (フラウ) 2010年 09月号」
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-20 02:04 |
a0161023_1552892.jpg


「秋といえば」、
野菊の季節。
たおやかに花が揺れます。
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-20 01:56 |
a0161023_1521996.jpg


「秋といえば」、
日本酒がおいしい季節。
熱燗で1本。

私はまだまだ我慢大会中です…。
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-20 01:54 | テーブル
a0161023_058930.jpg


私は老犬に読んできかせました。
犬は涙ぐんでいました。
決してかなしいお話などではありません。
ただ、まっすぐに伝わる愛に涙ぐんでいたのです。

ぜひ、ぜひ、音読してください。
心が愛でいっぱいになりますから。

「キスしたいって言ってみて」
[PR]
by kamakurasea | 2010-09-19 01:01 |