カテゴリ:音( 19 )

a0161023_21582125.jpg


現在かなり熱くなっているのが東方神起。
どうしても歌ってみたい曲があるのに、韓国語は文字もまだよく読めなくて。
そこで苦肉の策。
ひらがなで歌詞のよみがなを書き写してみたのでした。
おお、なんとけなげな。

そして思ったこと。
好きな人がいたら、こんなに必死になれるのだったら、フランス人のタレントさんの中にこんな人を見つければいいのだと。
スペインにも、イギリスにも。
そしたら、少しは語学が上達するかもしれない。

がんばろう。
by kamakurasea | 2011-03-05 08:18 |
a0161023_1140126.jpg


フジ子・ヘミング自らがレーベルをたちあげ、こだわり抜いた録音環境とミキシングで作り上げた渾身の1枚。
音質に本人が驚いたというほどのすばらしい臨場感。
ピアノのお好きな方に心からおすすめします。
こちらはぜひ高音質CDでご拝聴くださいませ。

Fuzjko
by kamakurasea | 2011-03-04 11:44 |
a0161023_23161042.jpg


料理教室が同じというご縁で岩崎良美さんのコンサートに行って来ました。
六本木スイートベイジル。
かつて青春をともに歩いたであろうおじさまたちの思いで静かに熱い会場。
さらに声に磨きのかかった歌姫はヒット曲をはじめ、バーキンのシャンソンのカバーや新曲を披露。
49歳にしてあの愛らしさ。
素敵だなと思いました。


by kamakurasea | 2011-02-14 00:02 |

a0161023_23494561.jpg


雲がもわもわっと
春の到来を告げていました。

本日立春。
by kamakurasea | 2011-02-04 02:15 |
a0161023_101169.jpg


今年のベストアルバム。
昨夜信頼できるピアノの通人のブログにて遭遇したピアニスト、ユンディ・リ 。
その透き通った音質と卓抜なテクニック、さらに老成したものさえ感じさせる解釈。
素晴らしい。
ピアノにお詳しい方々には今更という感じだと思いますが、泉のように美しい演奏に心洗われました。
(通人おすすめのリストの「リゴレット」はまさに神業です! 画像検索にてご覧ください。)

「ユンディ・リ ショパン・ベスト」
by kamakurasea | 2010-12-31 01:07 |
a0161023_1445145.jpg



この人の声はどうしても生で聴いてみたかった。
22日の東京国際フォーラム。
期待以上のすばらしい声量と優雅なステージマナーに魅了されました。

圧巻は「オペラ座の怪人」でした。
突き抜けるような声に聴衆は呆然として。
割れるような拍手。

魂をゆさぶられた一夜でした。
by kamakurasea | 2010-10-24 14:51 |
a0161023_1149394.jpg


旅に出る前はあまり得手ではなかったピアフ。
切なすぎて。
でも今は聴いてみたい。
そこで探していて見つけたこのアルバム。
51曲収録1500円というすぐれものです。
秋はシャンソンの季節。
おすすめします。

「Triple Best of Edith Piaf」
by kamakurasea | 2010-10-22 11:56 |
a0161023_18251663.jpg


窓を打つ雨の音とパーカッションがさりげなく重なりあって
その上をころがるピアノとベースの音が耳に心地よいのは、
彼らの心にも小さな雨が降り続けていたからかしら。


「We Get Requests」
by kamakurasea | 2010-09-30 18:29 |
a0161023_1052119.jpg


魂にずんずんと入り込む音。
久しぶりに繰り返し聴いた。
この人のこれからが楽しみだと思う。

ショパンの「ピアノソナタ第2番 (葬送行進曲付き)」をきちんと聴いたのは初めてだったような気がします。
美しい曲なのですね。

「Yuja Wang - Sonatas and Etudes」
by kamakurasea | 2010-08-27 10:16 |
a0161023_1934331.jpg


ちょっと気だるそうなボサノバのリズムにのって流れるマドンナ、マイケル、クィーン、シンディetc.
40曲カバーのCDは、渋谷の「宇田川カフェ」から生まれた変わり種です。
「カルチャー」だね。
BGMにお勧めです!

「Couleur CAFE "BRAZIL" with Summer Breeze」
by kamakurasea | 2010-04-17 19:36 |