カテゴリ:本( 292 )

a0161023_20562762.jpg


被災地の避難所の中学生たちが「がんばれ!命のあることを喜ぼう」というエールを広用紙に書いて体育館に貼っていた。
中には家族が行方不明の子もいるという。

克己すること。
そして乗り越えること。
彼らはきちんと身につけているんだ。

がんばれ大人たち!

「冒険図鑑」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-15 21:03 |
a0161023_19311981.jpg


ものが伝えるこころってあるはず。
暖かい心を伝えたいな。

「北欧が好き、フェルトが好き。原毛から作るちいさな雑貨」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-14 19:32 |
a0161023_16545553.jpg


友人の推薦本です。
こんなときだからこそ体力です。
しっかり食べてなにかしらお手伝いをしなければと思います。
自分にできることから。

「たれさえあれば、韓国料理」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-13 16:57 |
a0161023_20422967.jpg


気になる料理人コウケンテツさん。
彼の気持ちが形になった本だと思います。
ものごとを行うには必ず理由がある。
その理由が自分の声に忠実であればあるほど、そのものごとも説得力を持つ。
じつにすがすがしい本です。

「僕は母のお弁当を通して、季節の移り変わりを感じながら成長してきたのだと思います」。
なんて幸せな人なんだろう。

「僕が韓国料理をつくる理由」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-11 08:01 |
a0161023_9154580.jpg


表紙に飛びついて買ったのです。
要するに本に惹かれて。
でも中は様々なジャンルの凄まじいお店の連続。
かなりうれしくて、そしてかなり驚きました。
こだわり抜いて生きる人たち(店主さん)の笑顔がおそろしいほどに輝いていたからです。
人間、好きなことをやるとこんなに幸せなんだとつくづく思いました。
立ち読みで結構ですから、ちょっとのぞいてみてくださいね。

Pen 2011年 3/1号
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-09 09:20 |
a0161023_9222914.jpg


時々取り出してながめたくなる本です。
幼いころの宝箱のように。
小さな輝きがつまっていて、それは決してダイヤモンドとかではない。
そうあのおもちゃの指輪のルビーガラスのような。

「フランスのかわいい本〈1〉」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-07 09:15 |
a0161023_851083.jpg


かまってこなかった体の筋肉をリフレッシュ。
まずはストレッチ重視のこちらから。
「してはいけないこと」の第一項に「明日からしようと思うこと」。
なるほどね…、私だわ。

3日坊主はクリアー。
改善を実感できるエクササイズです。

「DVD付 モムチャンダイエット」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-06 08:57 |
a0161023_22381555.jpg


こちらは絵本の達人が教えてくれた本。
のんびりかまえて本を開いて、やがて読み終えて襟をただしました。
のまどくんが普通のこどもの心の現れであるとしたら、途中で会うお友達「ひかるちゃん」はいったい何を象徴しているのかしらと考えています。
空を見上げて手をふりながら何も語らないひかるちゃん。
のまどくんの大好きなひかるちゃん。
異質であることの意味。
異質であるからこそ本質を表象することもあるのかしら。
とても深い物語をおしえてくれた友に感謝。
おかげさまで私のポケットもふっくりふくれました。

「のまどくん」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-05 08:20 |
a0161023_20161516.jpg


相変わらずの語学放浪者。
題名をみて「そんなに甘いもんじゃないわ」と思いつつも、楽がしたい気持ちに負けて買ってしまいました。
でもこれはかなりよい本でした。
CDの録音質もよく耳になじんで、なんとなくぶつぶつ言っていると、いつのまにかハングルっぽい発音になっているような(錯覚だよね〜)。
でも聞いていると心地よくもあり。
こうなったら、このシリーズで他言語もがんばってみようかしら。

それにしても頭にはうっすらとしか残っていない語学ですが、本棚にはびっしりと語学本。
コレクターだよって居直っちゃうのもいいかも…。

「CDを聞くだけで韓国語が覚えられる本」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-02 20:26 |
a0161023_20254938.jpg


ずっと待っていた本がようやく届きました。
わくわく、どきどきのかたまりのような本。
もの作りをする、その空間も美しくなければいけないのだと改めて思いました。
春に向けて、少しずつ環境改善。
リフレッシュの季節!

「The French-Inspired Home」
[PR]
by kamakurasea | 2011-03-01 20:33 |